ネット銀行を利用する上で、やはり気になるのがセキュリティ(安全性)です。

ネット銀行はその名の通りインターネット上の銀行ですから、
フィッシング詐欺やスパイウェアなどによるトラブルに巻き込まれる可能性もゼロではないからです。

「知らない人に口座情報やアカウント情報などを盗まれて、
ネット上から勝手にお金を引き出されたりしないのかな・・・」

などと心配になるのは、ある意味当然のことだと思います。

しかし、そこまで過剰に心配をする必要はありません。
なぜなら各ネット銀行では、大切な預金を保護するためにさまざまな対策が講じられているからです。

その中でいくつか代表的なものを挙げてみます。

「SSL128bit暗号化による通信」
…預金者の情報を暗号化することで保護します。
暗号化されることで、個人情報が外部に漏れるのを防ぎます。

「EV-SSL証明書」
…ウェブサイトの運営者が実在しているかどうか、
業界統一基準に従って厳格な認証プロセスを経て発行される証明書です。
フィッシング被害防止に有効です。

「セキュリティボード」
…「暗証番号の数字」と「その数字に対応する英字」の組み合わせを表にしたものです。
ログインパスワードや暗証番号をキーボードから直接入力しなくてもよいので、
キーロガー対策に効果を発揮します。

「ワンタイムキー」
…手続きごとに変わるパスワード(=ワンタイムキー)をメールで受け取り、認証を行うサービスです。
なりすましの防止に効果的です。

その他にも、メール通知サービス、複数の暗証番号設定、ロック機能、アクセス制限など、
各ネット銀行でさまざまな対策を講じています。

「絶対に安全!」とまではもちろん言い切れませんが、
きちんとセキュリティ対策をすることで被害を防ぐことは十分可能です。

ジャパンネット銀行の「ワンタイムパスワード」は最強セキュリティ!

預金者に被害を及ぼさないよう、さまざまなセキュリティ対策が行われていますが、中でも注目なのは、ジャパンネット銀行の「ワンタイムパスワード」です。

ジャパンネット銀行で口座開設をすると、キャッシュカードと一緒にトークンというものが送られてきます。
これはワンタイムパスワードを表示するハードウェアのことで、
このトークンがあることで最高レベルのセキュリティを受けることができます。

トークンを使ったワンタイムパスワードがどんなものか説明します。

60秒ごとに変化する1回限りの使い捨てのパスワードがトークンに表示されます。
振込などの取引の際には、このトークンに表示される使い捨てのパスワードを利用すればよいのです。

ちなみに、万が一フィッシングなどでワンタイムパスワードが盗まれた場合でも、
それを再利用して不正に取引することはできません。
なぜなら、このワンタイムパスワードは60秒ごとに変わっていくからです。

また、もしパソコンや携帯電話がスパイウェアなどの不正プログラムに感染し、
パソコンや携帯電話内の情報がすべて監視されていた場合でも、
トークンに表示されているワンタイムパスワードを監視されることはありません。
トークンは一切の通信を行わないので、スパイウェアに感染することはないからです。

これがトークンを使った最高レベル技術のセキュリティ「ワンタイムパスワード」です。

詳しくはジャパンネット銀行のホームページでご確認ください。