例えば、東京都の電気メーターには、東京電力が所有管理する親メーターと、貸しビルやマンションに設置されている、ビルオーナー所有の、入居者(テナント)の電気使用量計測に使用する子メーターとがございます。

電気子メーター(証明用電気計器)には有効期限があり、有効期限が切れたまま利用することは法律に違反します。「6ヶ月以下の懲役 若しくは50万円以下の 罰金に処し、又はこれを併科する。」

法律の目的は、「 公平の原則 」 に立ち、電気料金を請求する側 と 請求される側 のトラブルを無くすことです。  未検定のメーターや有効期限の切れたメーターにて検針し請求された電気料金は、その金額が正しいのか証明できません。 つまり有効期限の切れているメーターでは、検針値が間違っている可能性が高いです。

電気設備を違法放置することは、ビルオーナーの資産価値を落としているばかりではなく、コンプライアンスや企業モラルが疑われます。
もし、管理会社であれば、すぐに契約を解除されることをおすすめします。

そして電気料金の高騰や今後の値上げが予想される中、
オーナーと入居者のトラブルが増えています。

証明用電気計器専門業者へも、ビルオーナーより、電気メーターに関するトラブル相談が急増しています。

参考まで、電気メーターの種類には、機械式電気子メーター、電子式電気子メーター、スマートメーター、パルス発信装置付電気子メーター、変成器付電気子メーター、、、、、があります。

また、仕様も、単相2線式(30A)(120A)┃単相3線式(30A) (120A) ┃単相3線式(変成器付)┃単相3線式(変成器付および埋込みタイプ)┃3相3線式(30A) (120A) ┃3相3線式 (変成器付)┃3相3 線式(変成器付および埋込みタイプ)┃3相4線式等、などなど、専門業者で無いと特定が大変ですね。

そこで、無料で子メーターの確認調査をしてくれる老舗業者をご紹介して、それでは、また次回!!


電気子メーター┃証明用電気計器(電気子メーター)に関するご相談やご質問なら、証明用電気計器専門商社モバクル株式会社

【最新情報】

スマートメーター(次世代電気メーター)とは 双方向通信機能を搭載したデジタル電気メーターで、

「パソコンやスマートフォンなどの端末からリアルタイムで電気の使用状況がわかる。」

「省エネ・節電管理も可能」

「遠隔からでも、電源の切替・開閉が可能」

「遠隔での電気メーター検針も可能」

なども可能なインフラです。

こちらも、おすすめです。

子メーター┃子メーター交換┃電気子メーター設置┃証明用電気計器有効期限なら専門業者へ