春や秋の季節の変わり目は、日中と夜の温度差に注意しなくてはなりません。
春は4月、秋は10月。この時季は外出時に上着を一枚持って出掛けるなどの工夫をして、
温度が急に下がっても体を冷やさないようにしましょう。

また、温度が高い日中にかいた汗をそのままにしないようにしてください。
汗は高くなった体温を下げるために出ますが、汗をかいた状態で急に温度が下がると
風邪をひいてしまいます。

汗をかいたら、なるべく早くシャワーを浴びて汗を流しましょう。
外出先でシャワーなどを浴びれない環境の場合は、タオルで汗を拭き取るようにしてください。
脇や背中は冷えると体温が下がりますから、特に注意して拭くようにしましょう。
汗をかいたらすぐに肌着を着替えるというのも効果的です。