友達と遊びでボーリングをしに行くと、他のレーンですごく上手い人がいたりします。
観察してみると、手にグローブをはめて、カーブをかけて投げています。

カーブがかかっているということはボールに回転がかかっているということは理解できるので、
真似して同じように回転をかけてみるのですが、同じようなカーブはかかりません。

これは調べてみてわかったのですが、ボーリングでハイスコアを出すような上級者というのは
「マイボール」といってボーリング場に備え付けで置かれているボールとは構造自体が違う
ボールを使っているのです。
指を入れる穴も指の太さを測って穴をあけるので、とてもフィットするので、
スピンをかけるためにかける指先の力をボールに伝えやすいです。
ハウスボールは誰でも使えるようにボールの穴が大きいので、回転させるための指先の力が
分散してしまうわけです。

・なぜカーブをかける必要があるのか
カーブボールというのはボールがピンの手前でグイッと食い込んでいくので通常よりもストライク率がアップします。
ストライクをとれなかったとしても、スペアがとりにくい残り方(スプリット)にもなりにくいです。

ボーリング カーブ 投げ方を覚えることがスコアアップの近道と言えるでしょう